• ホーム
  • どんな薬がおすすめ?月経困難症に対して使えるヤーズ以外の鎮痛剤

どんな薬がおすすめ?月経困難症に対して使えるヤーズ以外の鎮痛剤

考えている女性

日本国内においてヤーズは機能性月経困難症の治療薬として用いられることがあり、健康保険が適応されます。ヤーズは月経周期をコントロールしてホルモンの過剰分泌による子宮の収縮を抑える鎮痛剤としての働きがありますが、月経困難症の治療にはヤーズ以外の薬も用いられる場合があります。

ヤーズ以外の月経困難症に効果のある鎮痛剤として、非ステロイド性抗炎症薬が挙げられます。病院や婦人科クリニックで診察を受けると、ボルタレンが処方される場合があります。ボルタレンは消炎鎮痛剤で、歯科治療後の痛み止め・捻挫や打撲などの外傷・扁桃炎などの炎症を抑える目的で幅広く処方されている薬です。ボルタレンは即効性が高く、痛みの症状をすぐに抑えたい時に有効です。10代で子宮が成長途上の女性であれば、非ステロイド性抗炎症薬とブスコパン(鎮痙剤)を併用すると効果的です。

東洋医学では、機能性月経困難症の原因は血流の問題に起因すると考えられています。血行不良を起こすと、冷え症や冬に手足のしもやけなどを起こしやすくなります。漢方薬を用いて血行不良を改善することで、機能性月経困難症の治療をする方法があります。漢方医学ではボルタレンのような消炎珍次剤のように直接的に痛みを抑えるだけでなく、病気の根本原因を解決するための薬が用いられます。月経困難症に用いられる漢方薬にはいくつかの種類があり、体質や症状ごとに適切な薬が選択されます。

痛みの症状をすぐに抑えたい場合には、芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)がおすすめです。この薬は消炎鎮痛効果があり、頓服で痛みの症状が出ている時に服用します。体力が弱っていて冷え症や貧血の症状がある患者であれば、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が効果的です。この薬は虚弱体質の方で、冷え症や貧血の治療に用いられる薬です。血流を整えることで、ホルモンバランスを改善します。

体力があってのぼせ症の患者であれば、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が処方されます。これらの薬は、手足の血流を改善することで体調を整える効果があります。精神的なストレスや不安・イライラを感じる女性であれば、加味逍遥散(かみしょうようさん)がおすすめです。加味逍遥散は一般向けにも販売されている薬で、女性のホルモンバランスを整える目的で用いられることが多い薬です。芍薬甘草湯以外の漢方薬は、体質を改善する目的で服用するものです。このため、月経困難症の症状を改善するためには長期間にわたり薬を飲み続けることが大切です。