• ホーム
  • 喫煙をしているとヤーズは使えない?低用量ピルと喫煙習慣の関係性

喫煙をしているとヤーズは使えない?低用量ピルと喫煙習慣の関係性

ヤーズは基本的に安全性の高い薬ですが、糖尿病などの慢性疾患に罹っていたり、生活習慣や年齢によっては使ええない場合があります。特に注意が必要なのは、喫煙をしている人です。喫煙習慣がある女性は、重大な副作用が発症するリスクが高くなのでヤーズを服用することができません。

ヤーズに配合されているエストロゲンには、血液凝固を抑える物質の分泌量を減らす作用があります。これに加えてエストロゲンは、怪我などの際に出血した箇所で血液が凝固させる因子を増やす働きもあります。このため、ヤーズを服用すると、薬を飲んでいない人と比較して体内で血液が凝固しやすくなってしまいます。毛細血管や静脈で血液が凝固すると、血栓症という病気を発症します。

血栓症になるとその部分の血液の循環が悪くなったり、血栓が別の場所に移動して肺・心臓・脳の細い血管に詰まる恐れがあります。血栓が肺の血管に詰まると、肺塞栓を起こします。心臓の筋肉に血液を送る血管に詰まると、心筋梗塞を発症します。脳の血管に移動して血流が滞ってしまうと脳梗塞を起こし、麻痺の症状が出たり命を落とす恐れがあります。血液が血管に凝固する血栓症に罹ると命を失う恐れがあり、非常に危険です。

ヤーズを服用すると、薬を飲んでいない人よりも血栓症に罹るリスクが高くなってしまいます。ただし閉経前の健康な女性であれば血栓症を起こす確率は低く、妊娠中の女性と比べると桁違いに低いので過度に心配する必要はありません。

タバコの煙には多くの発がん性物質が含まれているため、喫煙習慣によって癌になりやすくなることが知られています。喫煙をすると毛細血管が収縮して血流が滞るので、癌以外にも血栓症を発症するリスクが急激に高まります。タバコの煙には人体に有害な一酸化炭素が含まれていて、喫煙すると体内が酸欠状態になって血管が硬くなってしまいます。血管が硬くなって収縮しにくくなることでも血流がわるくなってしまうので、血栓症のリスクが上昇します。

喫煙習慣がある女性がエストロゲン剤を服用すると、血管の血流が悪い上に血液が凝固しやすくなるので血栓ができるリスクが急激に跳ね上がります。血栓症のリスクを高めてしまうという理由で、この習慣がある女性はヤーズが使えないので注意が必要です。過去に喫煙習慣があって現在はタバコをやめている女性はヤーズが使えない訳ではありませんが、喫煙経験がない人と比較すると血栓症のリスクが高くなるので注意しましょう。