• ホーム
  • 月経困難症の症状と原因は?どのようにして治療していくものなの?

月経困難症の症状と原因は?どのようにして治療していくものなの?

心配している女性

女性であれば月経の際に生理痛の症状が出ますが、痛みの強さは人それぞれです。中には軽い人もいますが、腹痛や腰痛の症状が強すぎて日常生活や仕事に支障をきたしてしまう人もいます。日常生活ができないくらいに重い症状が出る場合は病気とみなすことができ、生活習慣を改善したり薬を服用して治療をおこなう必要があります。月経困難症の症状には腹痛・腰痛だけでなく、悪心・吐き気・貧血・頭痛・食欲不振などがあります。人によって症状の種類や程度に違いがあり、全ての女性が同じ症状が出るという訳ではありません。

月経の際に日常生活に支障をきたすほどの症状を発症する病気を月経困難症と呼びますが、痛みの原因として機能性と器質性月経困難症の2種類があります。月経困難症には複数の原因が考えられるので、原因ごとに適切な対処・治療方法が必要になります。

機能性月経困難症とは、ホルモンの増減によって子宮内膜が増殖したり収縮運動をすることに由来します。これは子宮の病気ではなくてホルモンバランスの変化によるものなので、生活習慣やストレスなどが原因である場合が多いです。

器質性月経困難症とは、子宮内膜症・子宮筋腫や性病などの細菌感染症による炎症などが原因で起こります。これらは子宮や生殖器の病気なので、治療をしなければなりません。最近は20~30代の若い女性で子宮筋腫に罹る人が増えていて、5人に1人の割合で子宮筋腫が見つかります。子宮内膜症についても、10人に1人の割合で発症しています。子宮内膜症を発症すると、プロスタグランジンというホルモンが子宮内膜から分泌されます。プロスタグランジンの影響で、子宮の過収縮や虚血を起こすことが知られています。プロスタグランジンの過剰分泌を抑えるためには、子宮内膜症の治療をおこなう必要があります。

月経困難症の治療方法ですが、機能性月経困難症であればピルや鎮痛剤などを服用する薬物療法が用いられます。ピルを服用することで排卵を止めて、生理によっておこる子宮の収縮を抑えます。ストレスや冷え症が原因の場合は、漢方薬を服用して血行を良くする治療が行われます。薬物療法以外にも、生活習慣を改善することでホルモンバランスを整えることで生理痛を緩和させることができます。器質性月経困難症の対処方法ですが、子宮や生殖器官に関係した病気そのものを治療する必要があります。生理痛の症状が強くなったと感じて婦人科で診察してもらったら、性器クラミジアや淋菌に感染して炎症を発症していたというケースも少なくありません。痛みなどの症状の原因となっている病気を見つけて、適切な治療を受ける必要があります。